子供乗せ選び 親子
読了時間:約4分34秒

子供乗せの自転車を選ぶときのポイント・基礎知識


「子供を自転車に乗せたい」という場合、どんな子供乗せ自転車を選ぶのかはそれぞれの環境によって異なります。

例えば、普通の自転車にチャイルドシートを装着するという選択もありますし、子供乗せ専用の自転車を購入するという選択もあります。

ライフスタイルに合った子供乗せ自転車を選べるように、それぞれの子供乗せ自転車タイプについて紹介いたします。

子供乗せ専用自転車を購入する場合

初めに子供を自転車乗せるのは1歳からが普通です。1歳未満の幼児だと首がすわってなくヘルメットの重量で大怪我しやすいので危険です。また法律では子供を自転車に同乗させることが出来る年齢は「6歳未満」となっています。前乗せタイプの安全基準は「4歳未満」です。

子供乗せ自転車には、前乗せタイプ、後ろ乗せタイプ、3人乗り自転車などがあります。これらの自転車には、通常の子供乗せ自転車モデルと電動アシスト付きの子供乗せ自転車モデルがあります。

前乗せタイプと後ろ乗せタイプの違い

一般的には小さな子供の場合は前乗せタイプ、少し大きくなったら後ろ乗せタイプという方が多いようです。

小さな子供の場合は、前乗せタイプだと親から子供の姿が見えるので安心で楽しいです。しかし前乗せタイプだと、子供の重さによってはハンドルを取られやすくなるのが欠点です。

安全基準をクリアしている市販の子供乗せ自転車であれば問題ないと思いますが、普通の自転車に前乗せチャイルドシートを装着する場合は、ふらついて転倒してしまう危険性があります。

一方で、後ろ乗せは親から子供の姿が見えないので不安感がありますが、自転車走行に関しては安定していて乗りやすいと思います。

個人差もありますが、1歳~2歳くらいは前乗せタイプにして、3歳くらいからは後ろ乗せタイプの方がいいかもしれません。体重で言うと前乗せタイプは15kgまで、後ろ乗せタイプは20kgまでを目安にしてください。

3人乗りの子供乗せ自転車について

3人乗りの子供乗せ自転車に関しては、幼児2人同乗用自転車安全基準を満たしている必要があります。適合車に新たにチャイルドシートを装着してもよいですし、最初から2つのチャイルドシートが装着されている自転車もあります。

3人乗りの乗基準適合車に関しては下記のようなアンケート結果があります。

    ■ 「幼児2人同乗基準適合車を購入した人」200名へのアンケート調査

    「幼児2人同乗用自転車」への満足度

    満足している人⇒85% 入手してよかったと思う人⇒88%

    幼児2人同乗用自転車の良いと思うポイント

    1位 全体的な安定感、2位 頑丈でしっかりしている、3位 駐輪時の安定感

    現在使用している「幼児2人同乗用自転車」を入手した金額

    5万円以上の人⇒半数以上 10万円以上の人⇒15%

    (引用元 社団法人 自転車協会

幼児2人同乗用自転車の良いと思うポイントで挙げられているように、安定感と頑丈さに満足されている方が多いようです。

フレーム耐性や走行時のバランス面、倒れにくい頑丈なスタンドなど、子供を乗せることを前提に作られている自転車なので、たとえ2人乗りだとしても普通の自転車にチャイルドシートを装着するのとは機能性・安全性がずいぶん違います。

普通の自転車にチャイルドシートを装着する場合

普通の自転車にチャイルドシートを装着するのであれば、コスト的には一番安上がりだと思います。

ですが、子供を乗せる目的で作られている自転車ではないので、子供の重さの分ハンドルを取られやすく、走行時の安定性にも不安があります。

子供乗せ自転車は一般的な自転車よりも価格が高めなので、普通の自転車にチャイルドシートを装着する方もいらっしゃいますが、個人的には安全性を考えるとあまりお勧めできません。

安全基準マークについて

安全基準マークに関しては「BAAマーク」が付いているものを選んでおけば、まずは間違いないでしょう。

その他にも「SGマーク」がありますが、こちらは自転車に限らず製品安全協会が設けている基準なので「BAAマーク」に比べて信頼度は薄いです。他にも経済産業省が日本工業規格に適合していることを証明する「JISマーク」などがあります。




Comments are closed.

Back to Top ↑