子供乗せ選び 自転車のカゴ
読了時間:約2分44秒

子供を自転車に乗せるときに注意しておくべきこと


子供を自転車に乗せる際に、何かしら危ない思いをされた方が結構多いという調査結果があります。

普通の自転車にチャイルドシートを取り付けた場合だけでなく、子供乗せ専用の自転車を使用している場合も気をつけなくてはなりません。

子供を自転車に乗せるとき、危険な事故を避けるためにどんなことに気をつけるべきなのか紹介していきます。

必ず子供にヘルメットを着用させるようにする

自転車に子供を乗せる際には、走行中だけではなく、押して歩いている時や、自転車を駐輪している最中にも転倒の危険があります。

子供はヘルメットの着用を嫌がってしまいますが、安全のために必ずヘルメットは着用してあげるようにしてください。どうしても子供が嫌がる場合は、装着した時に頭が痛くならないように、クッション性のあるヘルメットを選んであげると良いと思います。

自転車は必ず両手で操作する

走行中はもちろんですが、押して歩いている時に携帯電話など着信に出てしまい、片手で自転車を操作してしまう方がいらっしゃいます。

子供を自転車に乗せるときは通常よりも重さが増すので、確実に支えてあげることができるように、必ず自転車は両手でしっかりと操作するようにしてください。

子供を乗せたまま駐輪する時は自転車から離れない

自転車を駐輪した時に、しっかりとしたスタンドが付いているからといって、子供をそのままにして自転車から離れないでください。

いくらしっかりとしたスタンドが付いていたとしても、子供が激しく動いてしまえば転倒してしまう危険があります。自転車から子供を降ろしてからもそうですが、決して子供から目を離さないように心がけてください。

子供を自転車から降ろす時はハンドルを確認する

子供を自転車から降ろす際は、必ずハンドルが真っ直ぐ前を向いていることを確認してください。またスタンドをきちんとロックしてから(ハンドルもロックできる場合はハンドルも)子供を自転車から降ろすようにしてください。

自転車の走行中は、急ブレーキに注意する

子供を乗せて自転車を運転する場合は、あまりスピードを出し過ぎないように気をつけてください。特に多いのが、「歩行者、車、他の自転車とぶつかりそうになった」という方です。スピードが出ていれば危険を避けるために急ブレーキを使ってしまいます。

大きな事故に繋がらなかったとしても、急な衝撃は子供にとって負担になってしまいます。少しでも子供の負担を和らげるために、シートにクッションを置くなどして対策しておいてください。




Comments are closed.

Back to Top ↑