幼児車選び 補助輪
読了時間:約2分2秒

子供用自転車の補助輪を外すタイミングと練習法


子供用自転車の補助輪外しは、いつぐらいに行うのがよいのでしょうか。補助輪を外す時期についてと、お勧めの補助輪外しの練習法を紹介します。

そろそろ子供用自転車の補助輪を外そうと考えている方は、ぜひ参考にされてみてください。

子供用自転車の補助輪外し

一般的には4才~5才くらいで補助輪を外す方が多いですが、早い子供だと3才で補助輪なしの自転車に乗っている子供もいます。周りのお友達が補助輪なしで乗り始めていたり、環境によって補助輪を外す時期も変わってくると思います。

基本的には、「子供が外したい時期に補助輪を外す」のが一番かもしれません。

補助輪を外す際には、特に練習場所には気をつけてください。近くに車が来なくて広い場所がない場合は、公園などに出かけて練習するとよいと思います。

問題は『どのようにして補助輪なしの自転車に乗れるようになるのか』ということですが、個人的にお勧めの練習方法を紹介します。

お勧めの補助輪外し練習方法

    1.まずは自転車から補助輪を取ります。


    2.次にドライバー等でペダルも取ってしまいます。


    3.足で地面を蹴って進むように教え、左右のバランスを取ることを覚えさせます。


    4.バランスが取れるようになったら、ペダルを取り付けて、こぐ練習を始めます。

    補助輪外しの練習方法を紹介している動画

パーツを取り外す作業が硬くて難しい場合は、近くの自転車屋さんにお願いしてみてもいいと思います。

こうやって練習することにより、始めからペダルを付けたまま練習するより早く乗れるようになります。実際にこの方法はテレビでも紹介されていて、うちの子供にも実験したところ、スムーズに乗れるようになりました。

「補助輪外しで子供が上手く乗れるようにならない」という方は、ぜひ試してみてください。




Comments are closed.

Back to Top ↑