子供乗せ選び ネットショップで自転車を購入するときの注意点
読了時間:約4分2秒

ネットショップで自転車を購入するときの注意点


自転車を購入するときには、近所の自転車屋さんで購入する場合と、ネットショップで購入する場合があります。

近所の自転車屋さんで購入する場合は、困ったときにすぐ頼れるという安心感がありますが、実際にはネットショップで自転車を購入したほうが予算を安く抑えられることが多いのも事実です。

そこで、ネットショップで自転車を購入する際に気をつけておくべきことを紹介したいと思います。

ネットショップで自転車を購入するときのチェックリスト

ネットショップで自転車を購入するときのチェックしておくべき箇所は以下のようになります。

  • 安心できるお店なのか、対応に問題はないのか
  • ちゃんと防犯登録をしてもらえるのか
  • 自転車の組み立てをどこまでやってくれるのか
  • 自転車の修理したいときはどうすればいいのか

安心できるお店なのか、対応に問題はないのか

Yahoo!ショッピングや楽天市場などの大手ショッピングサイトに出店しているお店は、ちゃんと審査に通っているお店なので、自転車の販売に関してもある程度の基準は満たしていると思います。

ただし、同じ大手ショッピングサイト内のお店でも、自転車を購入するのであれば、雑貨のセレクトショップで自転車を購入するよりも、自転車専門の販売店で購入したほうが安心感はあります。

自転車専門の販売店以外で購入を検討している場合には、最低限ショップのクチコミ・ユーザーの評価は確認しておいたほうがよいでしょう。

ちゃんと防犯登録をしてもらえるのか

ネットショップで自転車を購入するときに、ついつい忘れてしまいがちなのが自転車の「防犯登録」です。

自転車の防犯登録をしておかないと、自転車を盗難されたときに誰の所有物なのかを確認することができず、とても困ったことになります。

ネットショップでの防犯登録は、基本的には自転車を買ったら勝手に登録されるというものではなく、別途登録の手続きが必要になります。

基本的には、自転車の商品ページに防犯登録についても記載されているショップが多いです。防犯登録料は500円なので自転車の購入と一緒に登録しておいてください。

また、電動アシスト自転車(ギュット、アンジェリーノ、パスなど)に関しては、ショップの防犯登録以外にもメーカー独自の盗難補償を受ける必要があります。盗難補償は、購入時の取扱説明書等に添付されている専用ハガキを投函するかネットでも登録できます。

自転車の組み立てをどこまでやってくれるのか

主に子供用自転車に関してですが、お店によっては自転車の組み立てが必要な場合があります。購入者に組み立てを任せるお店もありますし、補助輪・サドルなどの一部を組み立てる必要があるお店、完全に組み立てた状態で出荷してくれるお店もあります。

自転車の組み立てが不安であれば、100%組立・完全組立のショップを選んだほうが安心です。特に海外ブランドの子供用自転車は組み立て作業が必要な場合が多いので、ショップの説明をきちんと確認しておいてください。

自転車の修理したいときはどうすればいいのか

基本的に自転車を修理したいときは、近所の自転車屋さんに修理をお願いすることになります。ほとんどの自転車屋さんで修理・メンテナンスを受けてもらえると思いますが、忙しい時期であれば他店で購入した自転車の修理を受けてもらえないこともあります。

不安であれば、全国規模で展開しているサイクルショップや比較的ショップが近くにあるお店で購入するとよいかもしれません。

例えば、Yahoo!ショッピングや楽天市場に出店している「cyclemall」で購入すれば、近くにある「サイクルベースあさひ」の店舗(全国に300店舗以上)でメンテナンスをお願いすることができます。




Comments are closed.

Back to Top ↑